歯がなくなった方へ

tel_sp.png

診察時間

9:30~13:00 / 14:30~20:00休診日 木・日・祝 ※土曜の午後は18:00まで

インプラント

インプラント治療とは

虫歯や歯周病で歯を失ったところに、人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けるのがインプラント治療です。入れ歯やブリッジと違い、顎の骨で新しい歯を支えるため、他の歯に負担をかけず、違和感もほとんどありません。また、見た目も自分の歯と変わらないくらい自然に仕上げることが可能です。

インプラント治療のメリット

自分の歯と同じようにしっかりと噛める
見た目が自然できれい
違和感がほとんどない
他の歯に負担をかけない

インプラントはメンテナンスが重要

せっかくインプラント治療を受けても、長く持たせることができなければ意味がありません。そのため当院では、部分治療ではなく総合治療の一環としてインプラント治療を行っています。まずは歯周病の状態を改善し、治療後も継続的にメンテナンスを続けていただけるよう、事前に患者さんにはきちんとお話をします。近年は、インプラント治療後に歯周病になる「インプラント周囲炎」が問題になっていますので、そういったことにならないよう、歯磨きのしやすさまで考慮してインプラント治療を進めていきます。

安全性を重視したインプラント治療

インプラント治療を行う際は、歯科用CTを使うことで、骨や歯の形状だけでなく歯の硬さまで調べることができます。また、その結果に基づく治療シミュレーションを行い、実際の治療もその通りに進めることができるようガイドを作ります。さらに、尾﨑歯科医院は通常よりもワンランク上の滅菌器を使用しているため、衛生面も安心です。

骨が足りないと言われてしまった方へ

インプラント治療では、骨に人工的な歯の根っこを埋め込むため、骨が生まれつき小さい方や歯周病で骨が溶けてしまった方は、治療できないことがあります。しかし、当院ではGBR、ソケットリフト、サイナスリフトといった方法で骨を再生させる治療も行っていますので、諦めずにご相談ください。

インプラントオーバーデンチャー

インプラントを埋め込み、その上に入れ歯を取り付ける治療方法を、「インプラントオーバーデンチャー」と言います。歯を何本も失ってしまった場合、すべての箇所にインプラントを入れるとかなり高額な費用がかかってしまいます。一方で、入れ歯にすると見た目や使い心地の点で、インプラントに劣ります。
そこで考えられたのが、インプラントオーバーデンチャーです。まずはインプラントを数本埋め込み、それを土台にして入れ歯を取り付けます。そうすることで入れ歯がしっかりと支えられて、強い力で噛むことができるようになります。また、お口の中に余計な金具が残ることがなくなるため、違和感も軽減されます。

インプラント治療の流れ

1. 診査診断 矢印 問診、口腔内診査、レントゲン診査、CT診査をもとに治療計画を立案します。
2. インプラント手術矢印 インプラント埋入手術は1回法、2回法、骨造成の有無等いろいろな方法の中から、その患者さんに一番適した方法で行います。
3. 仮歯装着矢印 仮歯を装着しかみ合わせを調整したり、歯茎の状態を安定させます。
4. 最終補綴物(かぶせ物)装着矢印 部位に合わせて材質を選択し長期間安定するようにします。
5. メインテナンス 一般の治療もそうですが、4ケ月から1年間の間で健診期間を設定し、長期間安定するよう経過を見ます。

1. 診査診断

口腔内写真、レントゲン写真、口腔内模型を用いて基本的な診査診断を行い治療計画を説明させていただきます。そのうえでCT撮影を行いより詳細な説明をさせていただきます。

 
 

CTによる診査

・ CT撮影装置
鮮明な画像で正確な診査を行います。

 

・ CT撮影用ステント
この装置を装着しCTを撮影します。

 

・ CT分析画像
顎の骨の状態を分析してインプラント埋入位置を決定します。

対合歯の処置

処置中に咬み合う歯の位置が移動しないようにワイヤーで固定します。大変重要な処置です。

2. インプラント手術 - ガイドを使用した手術

CTによる分析をもとにガイドを製作します。ガイドを使用することにより安全で正確な処置を提供しています。
手術時間も大幅に短縮できます。

・ 口腔内にガイドを装着した状態

・ ガイドサージェリーキット

軟組織の処置

ブラッシングを行いやすくなるよう軟組織の処置を行いインプラントの安定を図っています。この処置によりインプラント周囲炎を予防します。

治療機器

・生体情報モニター
術中の体調の変化を監視し手術を行っています。

 

・インプラントモーター
骨を切削する機器で振動が少なく患者さんの負担、恐怖心を低減します。

 

・滅菌機器
最高性能の機器で滅菌処置を行っています。

・オステル
骨とインプラントの結合状態を計測する機器で、手術時、仮歯装着時、型取り時などに計測しインプラントの安定を確認しています。

・ポータブルレントゲン撮影装置
手術中に使用し埋入位置や装置の適合の確認を行います。

4. 最終補綴物(かぶせ物)装着

機能的で審美的なかぶせ物を装着し、長期間安定するよう調整します。

・ 術後口腔内写真

 

・ 術後レントゲン写真

 

審美的な補綴物製作のため高性能なカメラで歯の色を撮影します。

メインテナンス

・ エアフローマスター
最新の機器によりメインテナンスを行いインプラントの長期安定維持を心がけています。

インプラント 治療例

手術前

初診時の口腔内写真です。
下顎前歯部以外はすべて補綴歯です。
咬合高径の低下がみられます。

 

抜歯+リップリザベーション

右上3番2番左上3番を抜歯しBio-Ossと吸収性膜を用いてリッジプリザベーションを行いました。
右上3番の抜歯窩からインプラントのスレッドが確認できます。機械的に抜歯窩をソウハしたのちミノマイシンを溶かした生食にて洗浄しました。
縫合後の写真です。
05.5.22

 

抜歯後8ヶ月 1次手術

抜歯8ヶ月後1次手術を行いました。右上3番部のインプラントと接触していた部位の治癒も良好のように思われます。

2次手術前の状態

2次手術前の状態です。唇側の歯肉の厚みが薄いように思われます。

 

2次手術時

2次手術時です。

 

1次手術時と2次手術時

左1番の唇側部の骨が1次手術時に比べ吸収しているのが分かります。

治療完了

いろいろ至らない点がありますが幸い患者さんは大変満足しておられます。まだ最終補綴物を装着して日が浅いため、注意深く経過を観察していき今後の治療に役立てていきたいと思います。

レントゲン写真

インプラント前

インプラント前(レントゲンの写真)

インプラント後

インプラント後(レントゲンの写真)

インプラント治療例01 40代男性

歯牙破折の為、抜歯を行い、骨の再生(GBR)及び上顎洞挙上術(サイナスリフト)のテクニックを用いて理想的位置にインプラントを埋入しました。

インプラント治療例02 30代女性 右上中切歯インプラント審美治療

Before

After

根の病気により抜歯を行い、骨造成術(GBR)や軟組織造成術(上皮下結合組織移植術)などのテクニックを用いてインプラントの審美修復を行いました。

インプラント 治療例04

Before

患者さんは57歳女性初診日は2005年2月18日です。主訴は右下の歯がぐらぐらするということでした。

After

欠損部にはインプラントを用いて全顎的にセラミックを用いて審美的に治療を行いました。

治療期間…3年6ヶ月

入れ歯

現在使っている入れ歯は違和感が強い、きちんと噛めない、痛い、喋れない、すぐに外れてしまう…そんなお悩みをお持ちの方はいませんか?
当院は一人ひとりの入れ歯づくりにこだわっており、患者さんのお口に合うよう丁寧に調整していきます。また、ご希望の方には金属の土台を使って薄く丈夫に仕上げる入れ歯(金属床義歯)などもお作りしています。快適な入れ歯をご希望される方は、ぜひ尾﨑歯科医院へご相談ください。

  • 患者様の声
  • スタッフブログ
  • Doctor's File ドクターズファイル
予約制 03-3771-5211